病院勤務の福祉職|整体師として働くなら学校で知識と技術を学ぼう

整体師として働くなら学校で知識と技術を学ぼう

病院勤務の福祉職

女の人

二つの国家資格があります

医療ソーシャルワーカー資格として位置づけられている資格には二つあり、一つは社会福祉士、もう一つは精神保健福祉士です。いずれも福祉系の国家資格で、医療機関で勤務する場合において医療ソーシャルワーカー資格としてみなされます。社会福祉士は地域医療連携室などで勤務したり、後期高齢者医療制度における退院やリハビリテーション評価において診療報酬点数に位置付けられる業務を行います。精神保健福祉士は精神科病院で勤務して、精神科リハビリテーションに携わったり、精神障害者の社会参加における支援などを行います。それぞれ、資格別による役割の違いはありますが、広義にはいずれも医療ソーシャルワーカー資格であると考えられるため、医療ソーシャルワーカーを目指す人は社会福祉士か精神保健福祉士の資格取得を目指すのが妥当でしょう。

資格取得のために

医療ソーシャルワーカー資格を得たい場合は、社会福祉士または精神保健福祉士を目指すことになります。社会福祉士や精神保健福祉士は福祉系大学で受験資格を得るほか、大卒者(福祉系以外の大学含む)や実務経験者を対象とした「一般養成施設」と呼ばれる学校を修了することでも受験資格を得ることができます。一般養成施設では社会福祉士または精神保健福祉士の国家試験に必要な科目に絞って履修します。就学期間は1年〜2年程度のところが多いです。また、通信制もあるため働きながら資格取得を目指すこともできますが、実習もあるため仕事を一定期間休む必要があることには注意が必要です。社会福祉士や精神保健福祉士の資格を得ても、医療ソーシャルワーカー資格者として勤務するためには、まずは基盤となるソーシャルワーカーとしての実務経験が求められることも多いことも知っておくといいでしょう。