整体師として働くなら学校で知識と技術を学ぼう

異色の医療関連資格

男性

義肢装具士は医療機関やメーカーなどに所属し、義手や義足などの医療用補助用具の製作を行う専門職です。その資格は国家資格となっており、大学または専門学校に設けられた養成課程で知識や技術について学んだ後、国家試験に合格することで得られます。

医療と癒しの専門家

メンズ

あん摩マッサージ指圧師は医療系専門職の一つです。鍼灸師と併せて取得される場合もあります。施術所を開業するほか、医療機関や福祉施設で勤務することもあります。実務経験を積めば介護支援専門員の受験資格も発生します。治療的な意味合いでも、癒しの意味合いでも、あん摩マッサージ指圧師は安全な施術を行います。

Recommended

  • 呉竹鍼灸柔整専門学校

    基礎をきちんと学ぶことができるので、鍼灸になりたいと願望があるならこちらです。応募内容をチェックしましょう。
  • TERADA医療福祉カレッジ

    今人気な資格を取ろう!心理学の資格は老若男女問わず人気になっていますよ。まずはここからチェックするといいでしょう。

学ぶ環境での魅力的な違い

男の人

スクール選び

現代の高齢化社会において、整体師の技術の1つカイロプラクティックの必要性が高まっています。しかしスポーツ関係でも、治療やリハビリなどにアプローチできる治療法として注目されています。資格を取得することによって、様々な慢性の痛みや障害に効果を生む生涯学習は必須で、広い分野への進出、進路を選択肢に入れる必要もあります。学校選びでは人の体の構造を学び、各器官の働き、生理的構造的変化などの基礎を学びます。専門学校の中には、整体師として重要視できるカイロプラクティック療法をはじめ、オリジナルの療法が展開されています。国家資格の位置付けではない点に気をつけたり、カリキュラムも基準も統一された看護や医療系とは違う現状も挙げられています。また、学校では卒業後にどのようにバックアップ体制が整っているのか、確認します。一例として、系列のクリニックへの優遇措置や独立開業のバックアップ、スクールクリニックのフランチャイズ制度など、就職まで万全なのがポイントです。

活躍するための特色

整体師として活躍する者は専門学校で教育を受けた後、開業するのが一般的です。直営の治療院を持つ学校もあり、カリキュラムの中にインターン制度を設けています。こうした制度がある学校では、半年程度の期間、実際の臨床の現場で治療の勉強や患者さんの扱い方などを見学します。また、実際に受付や問診が許可される機会など、働く体験ができるのも特徴です。社会的に信用のあるカリキュラムの学校の場合、カイロプラクティックや整体関連はもちろん、老人ホームや独立開業もよしとし、選択の幅が出てきます。修養期間では、整体師として実践で通用するには最低2年は必要です。他校に類のない矯正科や師範科など、なかなか理論通りに行かない痛みやこり、矯正術まで身に付ける技術を指導してくれるケースもあります。

病院勤務の福祉職

女の人

医療ソーシャルワーカー資格とみなされる資格は社会福祉士と精神保健福祉士の二つの国家資格です。病院等で勤務する医療ソーシャルワーカーになりたい場合は、これらいずれかの資格を目指すことが妥当です。資格取得のためには福祉系大学のほか、大卒者や実務経験者を対象とした一般養成施設という学校もあります。